HOME > 病院案内 > 紘仁病院について

紘仁病院について

  • 病院外観
  • 憩いの広場
  • 病院外観
  • 病院外観
  • 病院外観

基本理念

患者様第一の医療・看護・介護の実践と地域医療への貢献

院是 「3P主義」

  • Patients(患者様本位)
  • Progression(日々医療技術・知識の研鑚に努める)
  • Peace(安心・安全な医療の提供)

当病院は、精神病棟、一般病棟、療養病棟併設病院、応急入院指定病院、愛知県精神科救急医療当番制指定病院で、 精神科デイ・ケアセンター(名称 紙ふうせん)併設等設備というハードだけでなく地域に開かれた、より住民のニーズに応える診療をモットーに病気で苦しむ方たちから信頼・愛されるよう日夜努力しています。

看護部理念

私たちは専門性を活かした、思いやりのある看護を実践します

  • 患者様・ご家族に対し、安心していただける看護サービスを提供します
  • より効率的で質の高い看護サービスを目指して、改善・向上に積極的に参加します
  • 看護の専門性について多彩な研究・教育環境づくりに努めます
  • 専門職業人としての自覚を持ち、自己研鑽に積極的に取り組みます
  • 医療チームの一員として、誰もが働きやすい職場環境づくりに努めます
ページトップへ

病院概要

理事長 重冨 亮
看護部長 加賀谷 滝子
事務局長 西田 一夫
病床数 940床 (精神779床・一般68床・療養93床)
職員数 530名
敷地総面積 14,075.075㎡
建物総面積 31,260.231㎡
医療設備 連続回転型ヘリカルCT、カラードプラ超音波診断装置、
X線断層 撮影装置、X線TV装置、骨塩量測定装置、電子内視鏡
全身MRI (3テスラ)

紘仁病院は、精神病棟779床(内精神保健福祉法指定病床30床)、一般病棟68床、療養病棟93床、合計940床を持ち、一日外来患者約110名、入院患者約900名に対応する病院です。
精神病棟は入院基本料 15対1 看護補助10対1の精神一般と精神療養があり、また一般病棟は入院基本料15対1 看護補助6対1、療養病棟は入院基本料2(看護配置5対1・看護補助配置5対1)となっています。
また看護学生においては当病院看護学生奨学規定により奨学金・貸付金制度が利用できます。

ページトップへ

病院沿革

昭和32年(1957)5月 香流病院開院
昭和46年(1971)9月 愛知医科大学附属病院
昭和49年(1974)9月 医療法人香流会 紘仁病院開院
平成11年(1999)12月 精神科デイ・ケアセンター(紙ふうせん)開設
平成15年(2003)5月 精神科病棟全面建替え (4期4年)工事開始
平成15年(2003)9月 精神科作業療法室開設
平成17年(2005)12月 全身用MRI(3T)設置
平成19年(2007)10月 応急病院指定病院
平成19年(2007)11月 精神療養病棟開設
平成19年(2007)12月 精神科病棟全面建替え工事完成