HOME > 病院案内 > 理事長挨拶

理事長挨拶

理事長挨拶

理事長 重冨 亮(しげとみ あきら)

理事長
重冨 亮(しげとみ あきら)

当院は、1957年(昭和32年)に開設して以来、(1)患者様本位(Patients)、(2)日々医療技術と知識の研鑽に努める(Progression)、(3)安心・安全な医療の提供(Peace)という3P主義をモットーに、 地域社会への奉仕、医療の公益性の確保と地域への適正医療の提供のため「初心忘れず」努力してまいりました。
高齢社会、ストレス社会が進む中、社会的に 恵まれない方にも、愛のある適正な医療を提供し、患者様の健康回復のお手伝いに日夜取り組んでまいる決意でございます。
ひとえに社会に開かれた精神科として、病院の地域医療にかかわる役割の大きさを日々実感しています。 日々の活動を患者の皆様、家族の皆様そして地域の皆様にご理解をいただくことが、開かれた 病院としての役割と考えております。

また当院では心理相談室の開設をはじめ社会復帰にむけての治療の一環として、精神科デイ・ケアセンター「紙ふうせん」を開設しています。

デイ・ケアセンター「紙ふうせん」では比較的軽度な作業から、より高度な作 業までひとつひとつの作業を通じて、こころとからだのケアを進め、本当の意味での治療をめざした院内体制を整えてきております。 今後もさらに治療体制と管理体制をはじめ、設備、インフラの整備を進め、地域医療に貢献してまいる所存です。

さらに、現在の医療を取り巻く環境は日々変化しております。当院でも最新の医療機器と研究環境も整え、診療と同時に基礎研究や臨床研究を進め、 医学の進歩に貢献できる病院を目指しています。

そうした総合的で革新的な体制の中で、大きな課題でもある次代の医療における人材の育成をしてまいりたいと考えています。 病棟の新設に合わせ、研修環境の整備をいたしましたことから、今後の医療にさらなる貢献ができるものと確信しております。

重冨 亮2009年2月

理事長経歴

学歴
昭和54年3月10日 帝京大学医学部卒業
職歴
昭和54年5月1日 浜松医科大学第一外科教室入局
浜松医科大学付属病院勤務
昭和56年1月5日 藤枝市立志太総合病院勤務
昭和56年6月1日 六日市病院外科副院長として勤務
島根医科大学第2外科研究生
昭和59年3月6日 医療法人香流会理事長就任
平成3年6月1日 医療法人光輝会理事長就任
資格
  • 平成4年12月2日 島根医科大学学位
  • 平成5年5月29日 日本医師会認定産業医
  • 日本精神神経学会 精神科専門医
  • 精神保健指定医
  • 浜松医科大学臨床教授
  • 山口大学医学部 非常勤講師